に投稿

旬米コシヒカリ順調に育っています

田植えから2週間がたちました。旬米コシヒカリは順調に育っています。

魚沼では晴れの日が続いております。お米農家にとって、水の管理はとっても大切です。

さくらや農園の田んぼには、いつでも山からの冷た~い水をふんだんに注ぎ込むことができます。

春一番で顔を見せてくれたフキノトウは、すっかり大きな葉っぱのフキになりました。

明日は久しぶりの雨の予報です。

に投稿

公式サイトのアドレス変更のお知らせ

こんにちは。さくらや農園です。

この度さくらや農園の公式サイトのアドレスが下記のアドレスに変更になしました。

https://sakurayanouen.com

オンラインショップは https://sakurayanouen.shop-pro.jp/

今後とも宜しくお願い致します。

に投稿

今年もみんなではざ掛けしました。

昨年の「はざ掛け米」は、大変おいしいと好評をいただきましたので、今年も親戚、家族とさくらや農園のスタッフみんなではざ掛けしました。

どうしてこんなにおいしくなるのか。毎年つくば分析センターでコシヒカリの食味品質検査をしていただいていますが、

このうまさを数字で評価できないようです。今年は、別の検査を依頼して、テストする予定です。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

分かっていることは、一般的な乾燥方法ですが遠赤外線乾燥機で25%前後の水分量を15%前後までゆっくり落としますが、とはいえ12時間くらいで乾燥させます。はざ掛け米は日の当たる外気温でじっくり乾燥されます。天候にもよりますが、1週間前後かかります。当然、胴割れなどの心配もありません。天日干しの自然乾燥は、太陽の目恵みです。

今年は、気温が高かったので、粒は大きくなりました。新米を食べるのが楽しみです。

おいしいお米になーれ。

新米の販売は、10月15日(火)から開始します。↓↓↓

に投稿

眠っているコシヒカリの種もみをおこす作業が始まりました。

2019年の田植えの準備が始まりました。最初の作業は眠っているコシヒカリの種もみを13度の温水に浸けて酸素を供給しながら積算温度110度を目安に春がきたことを伝えます。

1週間ほどで種もみは目覚めます。この後「芽出し」作業として、今度は32度の温水に1〜2日間浸けて種もみに芽を出させる作業です。芽といっても本当は、根なので「根出し」が正しいように思いますが。

厄介なのが、この芽出し作業、米の種類によって時間が違います。さくらや農園では、「従来品種のコシヒカリ」と「こがねもち」(もち米)を作っているので、こがねもちが先に芽を出しますので、時間の管理をしながら見守ります。

こまめな水の入れ替えや種もみを入れた袋の天地入れ替えなど、とても手間と目がはなせない大事な時間です。お米のできの良し悪しは、苗のできにかかっています。「苗代半作」といって昔からいい苗ができれば、稲作の半分はうまくいったと言われています。

今年は、就労して3年目の息子が管理をはじめました。今年もおいしい「北魚沼の旬米コシヒカリ」をお届けしますので、楽しみにしていてください。