に投稿

はざかけ米の作業をしました

こんにちは、さくらや農園です。

今年で3回目となるはざかけ米の作業をしました。

天日乾燥でさらに美味しいお米を求め、はざかけ米を始めましたが、

家族総出でみんなで協力してする作業は大変ですが、充実した時間だなあと思います!!

はざかけ米のご予約はこちらからできます。

≪数量限定・新米予約≫はざかけ米 北魚沼の旬米コシヒカリ【精米/減農薬栽培】2kg 

≪数量限定・新米予約≫はざかけ米 北魚沼の旬米コシヒカリ【玄米/減農薬栽培】30kg 

に投稿

旬米コシヒカリ順調に育っています

田植えから2週間がたちました。旬米コシヒカリは順調に育っています。

魚沼では晴れの日が続いております。お米農家にとって、水の管理はとっても大切です。

さくらや農園の田んぼには、いつでも山からの冷た~い水をふんだんに注ぎ込むことができます。

春一番で顔を見せてくれたフキノトウは、すっかり大きな葉っぱのフキになりました。

明日は久しぶりの雨の予報です。

に投稿

只今田植え真っ最中です

令和2年産コシヒカリの田植え真っ最中です。こがねもちの田植えから始まり、現在旬米コシヒカリの田植えをしています。

今日は天候に恵まれて、作業がはかどります!!

さくらや農園では、毎年コシヒカリの種籾から苗を育てています。今年の苗も、生育よく育ってくれました。

田植えが終えた田んぼにはすぐに山からの清流を流し入れます。

田んぼに植えた苗が美味しいコシヒカリになるよう、毎日田んぼに通います!

さくらや農園は今年も作付面積を拡大しました。

田植えと代搔きは同時進行でどんどんしていきます!

に投稿

今年もみんなではざ掛けしました。

昨年の「はざ掛け米」は、大変おいしいと好評をいただきましたので、今年も親戚、家族とさくらや農園のスタッフみんなではざ掛けしました。

どうしてこんなにおいしくなるのか。毎年つくば分析センターでコシヒカリの食味品質検査をしていただいていますが、

このうまさを数字で評価できないようです。今年は、別の検査を依頼して、テストする予定です。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

分かっていることは、一般的な乾燥方法ですが遠赤外線乾燥機で25%前後の水分量を15%前後までゆっくり落としますが、とはいえ12時間くらいで乾燥させます。はざ掛け米は日の当たる外気温でじっくり乾燥されます。天候にもよりますが、1週間前後かかります。当然、胴割れなどの心配もありません。天日干しの自然乾燥は、太陽の目恵みです。

今年は、気温が高かったので、粒は大きくなりました。新米を食べるのが楽しみです。

おいしいお米になーれ。

新米の販売は、10月15日(火)から開始します。↓↓↓

に投稿

田植え初日なのに午後から雨の予想本当かな?

長期予報は変わりやすい。2週間前に調べた天気では今日は1日晴れだった。しかし、昨日調べると午後から雨の予想に変わっていた。

今日から田植えがスタート。曇ってはいるがだんだん明るくなってきた。本当に午後から雨が降るのだろうか。スタートは、私が田植えで、息子が別の場所で代掻きをしている。17ヘクタールの田植えが今年も始まりました。

最初は、一番山手の圃場からスタートです。山間地の圃場は小さな圃場の集まりです。山から流れてくる水源は、とてもきれいで涸れることなく、ありがたい一番絞りです。

作業が進むにつれ、青空がのぞき始めました。木々も緑に覆われ、藤の花が木に絡んできれいに咲いています。藤の花が咲く頃が中家地区の田植えの時期です。

今年も、従来品種のコシヒカリとこがねもちを栽培します。さらに、県の指導で野菜も作ることになり里芋の生産を始めました。この秋には、初めての収穫なので心配もありますが楽しみです。

に投稿

眠っているコシヒカリの種もみをおこす作業が始まりました。

2019年の田植えの準備が始まりました。最初の作業は眠っているコシヒカリの種もみを13度の温水に浸けて酸素を供給しながら積算温度110度を目安に春がきたことを伝えます。

1週間ほどで種もみは目覚めます。この後「芽出し」作業として、今度は32度の温水に1〜2日間浸けて種もみに芽を出させる作業です。芽といっても本当は、根なので「根出し」が正しいように思いますが。

厄介なのが、この芽出し作業、米の種類によって時間が違います。さくらや農園では、「従来品種のコシヒカリ」と「こがねもち」(もち米)を作っているので、こがねもちが先に芽を出しますので、時間の管理をしながら見守ります。

こまめな水の入れ替えや種もみを入れた袋の天地入れ替えなど、とても手間と目がはなせない大事な時間です。お米のできの良し悪しは、苗のできにかかっています。「苗代半作」といって昔からいい苗ができれば、稲作の半分はうまくいったと言われています。

今年は、就労して3年目の息子が管理をはじめました。今年もおいしい「北魚沼の旬米コシヒカリ」をお届けしますので、楽しみにしていてください。

に投稿

【予約開始】さくらや農園の「杵つきもち」!

12月10日(月)から北魚沼産こがねもち100%を使用した杵つきもちの販売を開始します。

さくらや農園が育てたもち米「こがねもち」は、とてもおいしい品種です。

キメが細かく、甘みもあるとてもおいしいお餅です。

保存料などを一切使用しない「こがねもち」100%です。

お雑煮や焼き餅、あずき餅などにも煮崩れしにくい杵つきもちをお届けします。

杵つきもち

  • 内容量:1袋につき約50gの切り餅が10枚入っています。
  • 価格:1袋/800円(税込864円)、3袋/2,400円(税込2,592円)、 5袋/4,000円(税込4,320円) 
  • 賞味期限:製造日より2ヶ月
  • 保存方法:冷蔵もしくは冷凍
  • 送料:1箱 5kg迄/756円(税込み)、 1箱 10kg迄/864円(税込み)、 1箱 20kg迄/1,080円(税込み) ※沖縄県は別料金となります。 
  • 申込方法:申込用紙をダウンロードしてFAXでお申し込みFAX.025-792-8302、または電話で承ります。 TEL.025-792-8705 
  • 決済方法:コンビニ・郵便振替用紙送付
に投稿

昨年から、お米の「農産物検査」をさくらや農園でおこなっています。

「農産物検査」とは、収穫を終えた玄米の等級検査をする資格です。混ざってはいけないものが混ざっていないかなど食の安全を守る重要な検査です。

玄米が入った袋から規定数の玄米を穀刺で適量抜いて5項目、外見・量目・水分含有量・被害粒の混入率・形質などお米の検査を行います。

その割合で1等や2等、3等の格付けをします。

終了すると、産年と産地と銘柄を証明することができます。

人の目が重要な「農産物検査員」は、県の知事の認可が必要な資格です。

に投稿

ピカリ産直市場 お富さんの「ピカリmagazine」に掲載されました!

新鮮な野菜・くだもの・米・加工食品を販売する「ピカリ産直市場 お富さん」は、ピア万代店と神林店があります。その季刊誌「ピカリmagazine」に大きく掲載していただきました。

マネージャーの富山敦史さんがさくらや農園の「北魚沼の旬米コシヒカリ」を気に入っていただいて扱っていただけるようになりました。お店が観光客の多い場所なのでお土産に人気だそうです。

に投稿 コメントを残す

魚沼産コシヒカリ専業農家の『はざ掛け米』販売はじめます!!

おいしいお米を作りたくて、『はざ掛』をはじめることにしました。

今日は、家族そろって作業をしました。

順調に育った従来米、魚沼産コシヒカリを小さなコンバインで稲刈りです。

1束ずつ結束してくれるので便利です。

稲を刈る人、はざを立てる人、刈った稲を集める人、稲をはざに掛ける人。

いつの間にかそれぞれの役割で動き始めます。

孫も一生懸命にお手伝いです。

ときおりとんぼとりもありますが…

だんだんとはざに稲がかかっていきます。

昔の米作りは大変だったろうと実感します。

おいしくなーーーれと願いつつ、はざ掛け完了です。

手間をかけたのでおいしくなります。